自分のデザインが手直しの無いままのぼりになってしまった

「自分のデザインがそのままのぼり旗に」といったトラブルは良くあります。

なぜそうなったのか、推測ですがその理由についてお話ししましょう。

◎頼む店を間違えてしまった可能性が。

のぼりにどんな仕上がりを望んでいたのでしょう?もしかして、自分で作ったパソコン上ののぼりデザインを元に、プロが格好良く仕上げてくれるだろうと考えていませんでしたか?そう望んでいるのにのぼり制作の激安店に依頼しませんでしたか?そうだとしたら、ソレが間違いの発端です。

◎完全入稿データは自己責任なので激安。

同じのぼり制作でも激安店の場合は「完全入稿データ」といって、依頼者から受け取ったデザインデータをそのまま印刷するのが原則です。

自社で印刷する前に一応はデザイナーのチェックは入りますが、ブラッシュアップはしてもらえません。

印刷に支障がないようにマニュアルチェックするだけです。

言ってしまえば発注者の自己責任であり、中間工程を省けるので激安が実現しているのです。

◎のぼり制作は高いといっても1本あたり3,000円程度でオリジナルが作れます。

大量に発注しない限り、のぼり旗専門店に依頼しましょう。

激安店ではなく「のぼり旗専門店」に頼めば、こうした問題は起こりません。

専任のデザイナーがつき、細かく打ち合わせしながら完成させてくれます。

激安店を使うのは、既製品を大量に仕入れるか、完全入稿データに慣れた人です。

 Post details 


 © 2018 - のぼりライブラリー